りょぷとの生活

男の子ひとり(愛称 りょぷ)を育てています。 のんびり成長している息子と、会社員の夫との、のんびりまったり生活の絵日記ブログです。

2017年03月

朝が弱い私。
早起きなりょぷ。
20170327-4

りょぷは目を覚ましましたが、私はまだ起きたくありません。
そうすると、こうなります。

20170327-5

重いです。
子供ってどうして朝一から全力で遊べるんでしょうか。

上にのってぐりぐりしたり、部屋中うろうろしたりアクティブにひとしきり楽しみます。

だけど、私が起きない姿勢をつらぬくと、

20170327-6


いつのまにか私によりそうように寝ています。

その姿はまるで


20170327-7

猫のようだ。






りょぷはなんだか行動パターンが猫っぽい。

猫飼ったことないし飼いたいと思ったこともなかったけど、猫との生活ってこんな感じかな~って思って過ごしています。


ちなみに、もちろんこんな風に一緒に寝てくれることばっかりじゃないので、
強制的に起きざるをえなくなることも多いです。
 
-----

その日、私はなんだか鬱々としていて、とにかくずーんと落ち込んでいました。

20170327


すると、静かに私のいるソファによじ登ってきたりょぷ。
おもむろに私の手をつかみました。

20170327-2


そして、


20170327-3


突然の、私の手にキス……!!

そっとではなく、ぶちゅっ(^3^)って感じでした。

そして、微笑み……!!

2回くらいしてくれた。



……きゅんとしました。

惚れてしまうわ。
-----

こんばんは。

今日、病院でりょぷの体重を量ろうとしたら、りょぷが断固として一人で体重計にのるのを嫌がって私をつかみ続けるので、巻き込まれ損で私も一緒に体重を量ることになってしまいました。

私がりょぷを抱っこして体重計にのり、その後私一人の体重を量り、差がりょぷの体重ですねっていう方法です。

りょぷの体重に何も驚きはありませんでしたが、自分の体重が妊娠中以外で見たことないような重量だったのが衝撃でした。

「おまえこそ、量っとけよ」

そういうりょぷからの痛烈な気遣いだったのでしょうか。

痩せたい。

だけどりょぷが食べるのが大好きなように、私だって食べるのが大好きなんです。
難しいですね‼


突然ですが、そんなりょぷが好きな食べ物をまとめてみました。

20170223-3


タンパク質が好きです。

あ、書き忘れたけど、ケーキとか果物とかプリンやヨーグルトのようなスイーツだってもちろん大好きです。
子供はみんな好きですけどね。

けどそれはおいといて、草食っぽい顔をしていながら、りょぷは意外と肉食です。

あと、食べるのがめっちゃ早い。

私が普通速度で食べていたら、りょぷが先に食べ終わってこちらの食べ物を欲しがって騒ぐので、私もりょぷより先に食べ終わるべく早食いになりました。

食事時は毎回勝負です。

だから、少しでも時間稼ぎをして私に有利に運べるように、時間稼ぎ用の食べ物を用意したりします。

苦手なものなら見向きもしないけど、好きなものだから効果があります。

20170223-4


外食の時とかは、特にこの時間稼ぎ用食材が入っているかどうかでメニューを選んだりします。

サイ○リアのやわらか青豆の温サラダとか、ありがたすぎる。

ファミレスには豆山盛りサラダとかコーン食べ放題とかキッズメニューで出してほしい。



話は変わりますが、最近のりょぷの成長の記録写真集です。


① はじめてのお片付け


わぁすごーい!!ブロックのケースにぴったり入るおもちゃを見つけたんだね!!\(^^)/
このおもちゃのお片付けのために中のブロック全部出しちゃって大惨事だけど、お片付けしてくれてありがとっ!!(ゝω・´★)


②アートな障子


わぁすごーい!!最先端の障子アートってやつかな?!\(^^)/
人影みたいで夜はけっこう怖いよ!!(ゝω・´★)









子供がどんなことをしても、笑顔でハイテンションに返せる母親になりたい(無理)。
-----

こんばんは。
久しぶりの更新です。

先週から今週にかけて、ウイルス性の胃腸炎に苦しめられていました。

今年はまだ始まってそんなに長くないのに、夫はインフルエンザ、私は胃腸炎にかかり散々です。

去年からなんだか怪我したり病気したり不調続きな我が家を心配し、義両親が厄払いをしてきてくれました。
きっとこれで大丈夫でしょう!!


さて、本題。

今日はりょぷのおもちゃのお話です。


りょぷにはたくさんのおもちゃがありますが、どんなに新しい、高価なおもちゃが来ても絶対に抜けない不動の一位のお気に入りがあります。

20170309-5


とりです。

この人形はりょぷのおもちゃの中で一番の古株。
生後1ヶ月の時からずっとりょぷと一緒にいます。

洗える布製の作りで、中に鈴が入っていて、ベビーベッドに吊るせるようになっています。

里帰り中に、りょぷの伯父さん、私の弟がくれました。

ベビーベッドに寝ていた時から一緒だったからでしょうか。

今でもりょぷは、寝るときはとりを求めます。
とりを持つと一気におやすみモードに入るので、大人的にも助かります。

起きてるときも、とりを見つけたら飛び付きます。

届かないところにあったら執念でとろうとします。

とにかくとりを持っていたい、一緒にいたい。

ほんっとーーーーーに、とりラブなんです。


ただ、それだけ一緒にいるので、やっぱり汚れが気になります。
毎日一緒にベッドインするし、きれいにしておきたい。

だから、ちょくちょく洗濯機で洗っているわけです。

りょぷに見つからないように。


20170309

20170309-2

なぜか、いる。
20170309-3


私のミス。とりの音がしてしまう。

20170309-4


「とりはここだ」りょぷの中で疑いが確信に変わる。

とるかとられるか、親子のとりをめぐる攻防戦です。



普段は洗濯機なんて全然興味なくて、全然来ないのに。

なんでとりが洗われるってわかったんだろう。


ちなみに、干すときはもっと厄介です。

ハンガーからとろうとする。。

この間は、ベランダで風にはためくとりを窓越しに見てずっと泣いていました。



彼はいつまで、とりと一緒なんだろうか。


「とり」はりょぷに関する 重要ワードなので、またちょくちょく出てくると思います。

たぶん。
-----

↑このページのトップヘ