りょぷとの生活

男の子ひとり(愛称 りょぷ)を育てています。 のんびり成長している息子と、会社員の夫との、のんびりまったり生活の絵日記ブログです。

2017年06月

更新があいてしまいました。

おひさしぶりです。


ちょっと恥ずかしながら、りょぷは、2歳半をすぎた今でも指しゃぶりがやめられません。

だけど、私の弟もけっこうな年まで指しゃぶりをしていたけど、私よりよっぽど歯並びは綺麗だし、りょぷも弟のようにいつかはやめるだろうし、と、さほど気にしていません。
(この件についての批判や意見は無しでお願いします)

前よりは頻度は減りましたが、夜寝るときは、ほぼ必ずしゃぶります。


そして、私は気づいてしまいました。



指をしゃぶりながら健やかに眠るりょぷ。
20170623



口元をよく見ると、
20170623-2



この子、たぶんマイクをこう持つタイプだ…!!
20170623-3




将来、りょぷが友達と、もしくは気になる女の子とカラオケに行った時に、

指摘されて恥ずかしい思いをするのではないか…。

どうでもいい、

いや、ほんとどうでもいいことなんだけど…



小指が気になる。

りょぷ、2歳6ヶ月。

トイレトレーニングを始めましたが本人及び母親のやる気の無さゆえに、全然進みません。

とりあえず、おまるには率先して座るものの、ズボンとおむつを外して座らそうとすると1秒で立ち上がります。

補助便座も、りょぷの好きな手すりつきのものを買いましたが、やはりズボンとおむつを外して座らそうとすると、めっちゃ拒否します。

というか、おむつがえすらめっちゃ拒否します。(これは前から)

どうやら彼は、下半身を露(あらわ)にされることを極端に嫌うようです。


あまりに拒否するので、私もすぐに萎えました。


そんな中、ネットでトイレトレーニングについて調べていると、まず第一段階は、

子供に排泄の仕組みを理解させ、なぜトイレに行かなくてはならないかをわからせることだ

と書いてあるのを見つけました。


なるほど。


たしかに、彼はなぜトイレだとかおまるだとかに乗せられるのかわかってないなと思ったので、
文字が読めない、会話もいまいちできないりょぷのために、2歳児でもわかるトイレトレーニング説明画像をつくりました。




※以下、下品な表現がありますので、食事中の方、見たくない方はここで引き返してください。














20170521-3

たべものをたべます


20170521-4

そうすると、おなかのなかをとおってうんちやおしっこになります


20170521-7

それを、そのままおむつにしてしまうのは


20170521-8

ダメーー!!


20170521-5

だからまずおむつをぬいで


20170521-6

トイレでしよう


20170521-9

それがマルーー!!






はい、できるだけ簡潔につくりました。

これを印刷してりょぷに説明しましたが、



完全無視されたよ☆(ゝω・´★)!!!!!


トイレトレーニングの道は、長くて険しい。

前回の続きです。

20170603-3


鼻づまりのため、息苦しくて寝づらいりょぷ。
だけど指しゃぶりはしたい。
そのため息ができなくて余計につらいりょぷ。


気持ちよく寝ていたはずが、だんだんイライラしてきたようです。

そしてついに、


20170603-4


ローリングりょぷ発動。


こうなったら大変です。


部屋の中を丸太のように、ゴロゴロゴロゴロ転がり回る。

あやそうと近づこうものなら、キックかパンチか体当たりか、もはやなんだかわからない攻撃を受けてこちらは大ダメージです。

とりあえずひとりにはできないので、某子供向け番組でおなじみの「たまご!!」(ブンバボン)のポーズで乗り切りました。


そしてたまごのまま冷静に今後の対応を考えました。


赤ちゃんの時のように抱っこで泣き止ませる
➡力も強いし攻撃的すぎてそもそも抱っこできぬ。

泣き止ませ動画を見せる
➡泣き声が大きすぎてかきけされる。

お気に入りのおもちゃを渡す
➡投げられる。

泣き止むように説得してみる
➡聞いちゃいねぇ。


ダメでした。


そのうち喉が乾いてきたので、
とりあえず台所に行ってお茶をのみました。

「そうだ!りょぷも喉が乾いているんじゃないか?!」

ピンときて、とりあえずりょぷの飲み物も持っていきました。

20170603-5


おお、ビンゴ。

ものすごい勢いでがぶりつくりょぷ。

喉が潤されると、落ち着いたのか、まだグズグズ言いながらも、いや、グズグズまで落ち着いたというべきか、

とりあえず抱っこできました。


しかし、

20170603-6


覚醒。


まぁ、そりゃ起きるよね。
電気つけてお茶飲んだし。


ローリングりょぷからグズグズりょぷまでいったところで、やっとこれから寝かしつけ開始です。

抱っこして添い寝してとんとんして。

時間は深夜12時を越えています。

長い夜。



0歳の夜泣きはとにかく抱っこかとんとんしてあやすって感じだったけど、

2歳児の夜泣きは頭を使わないといかんな、と思いました。


こんな夜中に起きたのはかなり久々だったけど、

あんまり夜泣きをしないでください。


こんにちは。

3週間くらいの実家療養を終え、これから家に帰ります。

実家にいる間に、まず私が風邪をひき、それがりょぷにうつり、それが母にうつりました。
風邪菌を撒き散らしてきた私です。


特に鼻水と鼻づまりがつらい風邪で、りょぷもごはんを食べるのもお茶をのむのも鼻が詰まってつらそうでした。

そして寝るときも、息ができなくてつらそうでした。

20170603-1


20170603-2


20170603-3


そう、指しゃぶりをしてるせいでね‼


指をしゃぶるのやめればいいのに。
そうすれば口呼吸ができるのに。

しかし、私がゆびをすっと抜いても、すぐまた口にいれ、

20170603-1


20170603-2


20170603-3


繰り返しでした。


そこからが波乱の幕開けでした。

続きます。

↑このページのトップヘ